太久磨「菊の花」

53×45.5cm
油彩/カンヴアス 
(2008年3月8日 東京都台東区)
**********
東京の冬は寒い。
上野は田舎みたいに大きなホームセンターがなく、こたつを買うのに御徒町まで行った。
この頃、自分が何を描けばいいのかわからずスランプに陥っていた。
長谷川利行の真似をして電気ブランを飲みに行ったり山谷の安宿に泊まったりした。
何を描いていいかわからず谷中墓地に行き、お墓にお供えしてあった菊の花を描いた。
谷中墓地に通っていたら家で金縛りに遭うようになった。
ある日、昼寝をしていると金縛りにあった。
その瞬間、アパートの下から三人の子供が僕の部屋に向かって勢いよく階段を上ってくる音がした。入られると思った。
「ガチャ」っという部屋のドアノブを開ける音がした。
「あれ?鍵してなかったっけ?」と思った瞬間、子どもの手で身体を押さえつけられた。特に怖くなかった。たぶん僕は馬鹿にされているんだろうと思った。
腹が立った。
毎年かかるインフルエンザに今年もかかった。アトピーも治らない。絵も描けない。金もなくなっていく。どうしよう、そろそろ働かなくては。

※発送は展覧会終了(4月2日)以降となります

¥ 70,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 宅急便

    全国一律 1,200円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。